a03
ルナメアは富士フィルムが開発したスキンケアです。
毛穴に効果的な製品が揃っていて、ニキビケアにもオススメです。
そして、特徴のあるトライアルの中には、ルナメアプライトナーがあります。

これは、古い角質を取るといった効果がありますが、ピーリングのような強烈さはなく、美容成分が肌に浸透し、其後の美容成分の浸透率を上げる効果があがります。
毎晩使用すると、有用なビタミン成分が肌に入り、毛穴の汚れも角質もすっかりと取り除くことができます。
化粧水では、油溶性のものを使用しています。
油?と思う方もいらっしゃいますが、ナノ化に成功し、毛穴が本当に欲しい油分です。
プライトナーで、素肌が無防備になったところで、真のスキンケアと言える化粧水であるおいをキャッチ。
その場で毛穴がきゅっと引き締まるのがわかります。

毛穴に詰まって酸化してしまったものもビタミンE配合の化粧水は集中ケアすることで、ダメージを受けた肌を回復させ、同時に潤いを届けることができます。
毛穴が開いている、黒ずんでいる方に、ルナメアを続けて使用されることで、目立たない毛穴を作ることができます。
化粧品メーカーではなくフィルムメーカーでは、とにかくナノ化技術は特化しています。
肌の浸透率を上げるための研究では、日本でも有数の技術を持っていて、開発商品の評判はどれも良いです。

保湿を第一に考えたルナメアは、自然由来の潤い成分を惜しみなく配合していることで、毛穴に直接チャージしてくれます。
続けることで、肌の変化が手に取るように感じられる製品です。

Posted

毛穴トラブルが起こるのは、毛穴ケアができていないからです。
そこで、草花木果(竹)をご紹介します。
特徴としては、植物の力を利用した毛穴のピーリングです。
ピーリングとは古い角質を溶かして取り去るものですが、草花木果(竹)の場合には、化粧水に含まれています。
コットンやティッシュに付けて拭き取ることで、毛穴ケアができます。

気になる成分は古い角質に対しては、“アミノTG”です。
天然由来の角質クリアサポート。その原料はサトウダイコンや綿実です。
ネーミングにもある竹を利用して、竹エキスが含まれています。
そして、独自開発のSB-P発酵素。

これは、日本で昔から食べられている納豆や味噌の発酵食品をヒントとして造られたものです。
発酵をする過程で、タンパク質を変換させる技術を肌に応用させることに成功しました。
タンパク質の分解酵素の働きを古い角質の除去に使ったものです。
あくまでも科学的なものは使用しない日本古来の植物を利用することで、肌への負担を最小限度にしました。
それても角質はできやすいのですが、グリシルグリシンを配合することで、毛穴まわりをキレイに保つことができます。
毛穴が目立たない決めの整った素肌の実現は、多くの方に肌をサポートさせることができます。

清潤環植物成分も独自開発したもので、肌のターンオーバーを助けます。
ボタンエキス、イチヤクソウエキス、あんず果汁が入っています。
水にもこだわっていて、関平温泉水を使用するのは、そこが美人の湯と知られているからですし、香料も100%天然由来のものです。

Posted

a02
アヤナスのポイントは、ブァイタルサイクルヴェールです。
これは、保湿を左右するセラミドが、ヒト型セラミドをナノ化したことにあります。
もともと肌に吸収させるのには、分子が大きいセラミドを小さくすることで、より浸透しやすい形になっています。
そのことにより、その方の持つターンオーバーを正常化することで、トラブルが起きやすい毛穴のつまりや皮脂分泌を抑えることができます。

環境によって肌が変わりやすく、ターンオーバーも乱れがちになる肌、ゆらぎ肌に対しても植物のコウキエキスが、肌のゆらぎを防ぐ働きをします。
ですから、エイジングケアに最適な形としての成分が存在しています。
30代からの気になる毛穴トラブルをカバーすることができます。
ポーラが自信を持って開発をしたCVアルギネート。

これは、真皮のコラーゲンの生成を助けるもので、毛穴トラブルの中でもたるみ毛穴(涙のような形)をなくしたり、肌全体のハリをだすこと成功しました。
たるんだお肌、シワなどハリのない肌をゼメン的にサポートすることができるアヤナスは、本格的なエイジングケアをしたい方にピッタリです。
加齢とともに減少していくコラーゲンを有効的な成分でバックアップしていくことができるので、老化していく肌を見過ごすことなく、いつまでも年を感じさせないハリのある肌を作ることができます。

敏感肌にも使用できる低刺激で、コラーゲンの生成をしっかりと助ける成分はポーラの自信作となっています。

Posted

B.glenの洗顔料を使った方はきっと驚くことでしょう。
なんと泡立ちがありません。
これには秘密があります。
それは泥です。

成分の中にクレイというものが存在していますが、これは泥ですが、これが、洗顔をしている時に毛穴の汚れを吸着することになります。
毛穴につまっている汚れはマイナス、クレイがプラス、すなわち磁力の力を用いたもので、もちろんそのように開発をしたのですが、泡の必要がなく、しっかりクレイが毛穴よごれを引き出すということです。
そして、ここで使用されている泥は、2500種類もある中で一番粒子が小さなものですから、わざわざ泡立てることなく、そのまま洗顔をするだけでOKということになります。
これで泡だて必要は不要なのですが、触った感じがドロドロとしているのも特徴です。
泡立ちが無いですが、人によってはベタベタとした感じがありますが、毛穴に対してのアプローチはこれでバッチリです。
ですから、洗いあがりがしっとりとしているのも特徴です。

他の泡立ちで毛穴を汚れを取るものに対して、しっとり感は半端無く良いとされています。
毛穴に特化した技術はQuSome(キューソーム)という独自開発のもの。
化粧水、美容液、保湿クリームの成分を超微小カプセルに包み込むこと成功しました。

肌の角層の奥深くまで、すべての成分を浸透させることができます。
他のスキンケア製品よりも少しだけ割高になっていますが、それだけの価値は高いとされています。
開発されて新しいモノですが、新しいからこそ確かなものを届けたいと言った願いが込められています。

Posted

a01
加齢とともに肌に悩みが増えますが、シワやシミと言ったものの中には毛穴について悩んでいる方も少なくありません。
毛穴は、肌に無数に存在しているものですが、本来はその自己主張はしないようにしていただきたいものです。
ですから、穴ではあっても、それが閉じていることが理想です。
毛穴の働きは、肌に必要な皮脂分泌であるとされています。
年が若い時には、ホルモンバランスの影響で何もしていなくても皮脂分泌が行われますが、40代あたりからは、肌が乾燥してしまっているために、毛穴がわざわざ開いて皮脂を出しているとされています。

米肌は、そんな毛穴開きに悩んでいる30代からの肌に効果的です。
若い方を対象にしているのではなく、あえて30代以上に向け手の商品です。
商品のネーミングにもあり用にコメ由来のライスフパワーNo.11を使用していることから、保湿に必要なセラミドを自ら作り出し、その水分を肌にとどめておくことができます。
肌の層の細胞間にあるセラミドは、保湿成分として絶対に欠かせないものですが、米肌を使用することで、常にセラミドを創りだすことができ、毛穴トラブル解決します。

皮脂を余計に出すことがないのですから、毛穴はピッタリと閉めていることができますから、肌に毛穴がないような状態になります。
また、低刺激な成分だけで作っていることから、敏感肌にもしっかり対応します。
乾燥が気になるのに、ニキビがすぐにできやすい、毛穴周辺のトラブル解消にも米肌はお勧めです。

Posted