毛穴の開きの原因は?毛穴引き締め対策

a11

そもそも毛穴とは

皆様は毛穴について大きな勘違いをなさっている可能性があります。
皆様は毛穴をただ単に、毛が生えている穴であり、そこにたまる汚れ、つまり皮脂汚れをとにかく落とせばいい、とお考えではないでしょうか?
実はこれは大きな間違えです。
たまる汚れ、つまり皮脂は毛穴の、ほんの表面の一部分です。
そしてそれが、毛穴の一番上の層、だとお考えください。

そして次に来るのが、古い角質と新しい角質と皮脂です。
この皮脂は、皮脂が分泌されて表面層に到達する途中で、皮脂がちょっと混じったとお考えください。
そしてこの皮脂層の次に来る層は上に積み重なっていくものではなく、毛穴のサイドだとお考えください。
つまり、今、あなたがご自分の部屋にいるとするならば、部屋を毛穴と考え、屋根が皮脂層、角質層は、ご自分の両サイドから壁として、古いものと新しいものを入れ替えながら、迫ってくるとお考えください。
よって、毛穴が閉じるとは、壁がどんどん自分に向かって迫ってくるイメージ、毛穴が開くとはサイドの壁がどんどん遠くなるイメージです。
この壁が角質層といわれる、古いものと新しいものがまじったものです。
ベストの状態であれば、この壁が常に新しい壁に生まれ変わりつつ、どんどん壁の厚みをまし、中央にせまってきて、結果、毛穴が引き締まるとお考えください。

毛穴の種類(黒ずみ、オイリー、インナードライ、たるみ)

では、毛穴の黒ずみとは何なのか。皮脂が、落とされずに古くなり、酸化して、そこに様々なカスを身にまとうことで、黒く汚れて見えていくというものです。これが、いわゆるオイリー肌というものです。
そして次にいう、インナードライによく注意してください。
これは最近急激に増えているものです。
インナードライは、皮脂より内部の角質層が乾燥していることです。
インナードライによって、皮脂が肌をうるおそう、うるおそうとして余計に分泌されていきます。

よって毛穴の黒ずみがとどまることを知らなくなります。
最後にたるみは、サイドの壁を支える壁の耐久性の減少とお考えください。
そうして、壁がよれよれになると、毛穴が変形し、目立つようになるとお考えください。

毛穴開きをおこす原因

毛穴開きを起こす原因は、さきほどあげました、たるみがあります。
次に、若いころには壁の弾力の源になっていた、壁の強度維持成分のコラーゲン、ヒアルロン酸の減少、それから、壁の強度成分を死滅させる、紫外線があげられます。

毛穴の引き締め対策

毛穴を冷水で洗えば、毛穴の開きが引き締まると思っている方いらっしゃるのではないでしょうか?それは非常に短時間しか効果がありません。つまり、砂製の壁があるとして、イメージとしては、砂を水で固めても、短時間は硬くなりますが、しばらくすると、やわらかい砂に戻ってしまうという感じです。

正しい、長期的な引き締め対策は、壁を強化すること、つまり、壁の強度成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを摂取し、壁の強度を増し、古い壁から新しい壁に生まれ変わらせつつ、厚みを増すことです。
そのためには、古い壁を消滅させる、言い換えればタンパク質分解酵素を導入し、同時に新しい壁を次々と構築する、名人級の壁職人である、ヒアルロン酸、コラーゲンを摂取して、壁を厚くすることです。

正しい洗顔方法

洗顔によって表面上の皮脂を取り除けば、良いいだけで、その下の層にある、次々と生まれ変わる壁の層を崩してはいけません。
よくある間違えは、油取り紙や吸引力の強いシートで吸着して、まるで、毛を根っこから取るように、皮膚を引っこ抜いて満足することです。

それは、毛穴を引き締める、古いものと新しいものが混じった、人間にとって大変貴重な角質層をも除去することになります。
絶対に、こすりすぎはいけません。
表面の皮脂だけをとりのぞくイメージで臨んでください。

種類ごとの毛穴対策

黒ずみ対策は、表面の皮脂の分泌のしすぎなので、それを取り除けばすむでしょう。
問題はインナードライ。
つまり、表面の皮脂層の内側の角質層の乾燥です。
私がお勧めするのは風呂後の、化粧水、乳液です。
なぜなら、風呂のあとは、表面の皮脂はきれいに取り除かれ、内部の重要な角質層だけが、ほんのわずかな時間だけ露出し、ケアするチャンスとして登場します。
そのときに、重要な角質層に、壁の強度を増し、栄養や厚みをつくりあげるきっかけをあたえることです。

化粧水や乳液をあたえ、保湿しておけば、インナードライを防ぐことができます。
インナードライの状態だと、皮脂が、「あ、内部のインナー角質層が乾いている。潤そう潤そう」と、必死になります。適度ではない過剰な皮脂分泌は、黒ずみの原因です。
しかし、風呂後に、インナー角質層が露出した状態で、インナー角質層を万全にしておけば、皮脂を出す司令塔が、インナー角質層の潤いを感知し、皮脂を分泌する指令を抑制するでしょう。

紫外線対策

しかし、せっかく、風呂後のインナーケアーで、内部の角質層が健全性を取り戻しても、紫外線が、角質層の健全性構築プログラムを崩し、破壊してしまっては、せっかくのケアも水の泡です。
紫外線は角質層の復活の為に組み込まれたプログラムを破壊する、難敵です。
皆さんなら、紫外線対策なら大得意でしょう。
ここで、あえていうのもはばかられますが、日焼け止め、日傘などはわすれないようにしましょう。
保湿クリームのおすすめはこちら